姓名判断で女の子の名前をつける

子供が出来ると、一番悩むのが命名です。両親から一文字とる、好きな音から名付けるなど、いろいろな方法があるかと思いますが、姓名判断を気にする方は多いのではないでしょうか。
名字と名前の画数はもちろん、最初の文字と最後の文字を足したり、漢字を書く画数と姓名判断のカウントにつかう画数が違ったり、とにかく素人には難しいことばかり。プロの手を借りるという選択肢もありかもしれません。
女の子は結婚したら、名字が変わるから、あまり気にしても意味はないんじゃないか、と言われる方がいますが、そんなことはありません。新しい名字にあわせて、戸籍上の名前はそのままでも、会社内や日常でつかう名前の漢字を変えて画数を合わせる、という方もいるようです。名前は一生ものですから、よくよく考えてつけたいですね。

 

姓名判断で漢字の意味を知る

命名をする際に、字画などをチェックして名前を決めることがあります。
姓名判断を専門家に依頼をし、判定をしてもらうことによって縁起のよい名前を命名することも出来るようになっているのですが、苗字との響きも考えなければいけないので。命名はとても難しいことなのです。
また名前の由来を聞く場合、どのような漢字が候補にあったのか、どうして今の名前の漢字になったのか、ということを聞いてみたり、自分で考えてみるのも良いです。
漢字には様々な意味があり、同じ音であっても漢字が違えば、意味も大きく異なってくることがあるので、漢字個別の意味を知っておくことはその人の人生を左右することにも繋がってくるのです。
姓名判断で自分の名前の意味を知ってみるのも良いです。